201 Views

2020年4月6日のデイトレード日次収支報告


 

今日は勝ちました。
負けがちな月曜日に勝てたのは良かったです。(´・ω・`)

 

毎日、安定してこれくらい勝てるのが理想です。
まあ、絶対無理なんですけどね・・・(^ω^;)

 

今日は、OSGを空売りました。
仕掛け株数を100株と500株で迷ったのですが、間を取って、200株にしました。

 

というのも、S高1発被弾まで許容するなら、500株まではいけるのですが
まだ検証段階ということもあり、2発喰らうのを想定すると、200株が上限になるからです。

 

当初は、1銘柄の投入金額は15万までにするつもりでしたが
それだと、株価1500円以上の銘柄に仕掛けられないのと、些か弱気と判断して、変更しました。

 

今後は、S高2発被弾=制限値幅片道2回分を最大許容損失として
ポジションサイジングしていきたいと思います。( ゚Д゚)
保険も範囲を拡大して、S高張り付きにならないギリギリのラインに設定します。

 

さて、今日のトレードについてですが
明日にも緊急事態宣言を出すことを安倍総理が今日の午後に明言しましたが
既に織り込み済みのようで、日経平均はむしろ上がりました。(;´・ω・)

 

とは言っても、俺のトレードしていたOSGは逆に暴落してくれて、利益になりました。
1295円の安値をつけた辺りで、リバウンドしましたが、その後、普通に落ちました。
恐らく、空売り規制発動による、一時的な買いか買い戻しだったのだと思います。(-。-)y-゜゜゜

 

歩み値を見ると、大引け時に出来高が1万400株ありますが
その時に31円も株価が下落して、1318円で引けています。
その直前の取引は、14時59分58秒で、出来高は100株のみで、約定価格は1349円でした。

 

これは、朝の寄りやザラ場で買っていた多数派の買い方が、大引けで投げ売りして
それを買い戻した売り方、あるいは引けで買った人間が少数であったことを示唆しています。

 

つまり、売り注文の殺到により、31円の暴落での引けが起きたと推察できます。
幸運にもそのおかげで、6000円ほど利益が増えました。(*^▽^*)

 

ただ、これをラッキーで済ましてはいけないんですよね。。。(;’∀’)
なぜなら、逆に、暴騰して引けることもあり得るからです。

 

今回の経験から学ぶべきことは、大引け時は、少数派の方が有利ということです。
買い方が多数派の場合、今日のように、大引けで大量の決済売りが出て、下がりやすいですし
逆に、売り方が多数派の場合、大量の買い戻しにより、株価を上げてしまうからです。

 

まあ、引けで仕込む人間もいるかもしれませんが、恐らく、それほどいないでしょう。
というより、一日信用売り銘柄は、強制決済になるので、仕込むのはハイリスクです。
なので、新規買いはあっても、新規売りは、まず無いと考えて良いでしょう。(´・ω・`)

 

そうなると、大引け時に少数派でいるためには、寄りでも少数派でいる必要があります。
なぜなら、出来高が圧倒的に多いのは、前場寄りと大引けの2つのタイミングであり
デイトレなら、前場寄りで仕込んだものは、大引けで決済するのが最適だからです。

 

前場引けと後場寄りに関しては、あまり出来高はありません。(-_-;)
特に前場引けは、出来高0のこともよくあります。
実際、今日のOSGも前引けの出来高は100株、後場寄りの出来高は4000株でした。

 

つまり、マーケット・インパクト・コスト的にザラ場・前引け・後場寄りでの発注は悪手です。
新規建て・決済共に前場寄り・大引けで行うのが、最もMICが小さく得ということになります。

 

まあ、相場の状況にもよりますが、MIC的には、デイトレは前場寄りで仕込み
大引けで決済するのが多くの場合、最適解です。(*’ω’*)
それ以外は、板がスカスカで、不利な価格で約定するリスクがあります。

 

さて、寄りで少数派になる方法は、実は簡単です。
特別買い気配で売り、特別売り気配で買う、だけです。
俺は空売りしかしないので、特別買い気配の銘柄を売る一択です。

 

特別気配が出ているということは、買いか売りのどちらか一方に偏っているということですから
その逆のポジションを持てば、必然的に少数派でいられます。
読み通り、多数派の逆を行く展開になれば、大引けでの恩恵が受けられるはずです。(*´ω`*)

 

まあ、もっとも、勢いが強ければ、そのままS高・S安になることも、ままあるので
逆張りは、それなりにリスクがあるというのは、留意しておきたいです。( ゚Д゚)

 

明日も、引きこもって、頑張っていきます!(`・ω・´)

タイトルとURLをコピーしました