136 Views

2020年2月13日のデイトレード日次収支報告


 

今日は勝ちました。
トレードルールを大幅に見直しました。(´・ω・`)

 

今日は理経のみのトレードでした。
寄り天で落ちていくだけだったので、危なげなく勝てました。
毎日、こういうイージー相場だと助かるんですけどね。。。(;’∀’)

 

さて、昨日もイザナミで手法検証をしていたのですが
改善の余地を見つけたので、トレードルールを大きく変更しました。

 

主に、仕掛け銘柄の選定基準を厳しくして、1銘柄の投入金額も50万に引き下げました。
2月はトレードルールを変更するつもりはないと宣言しておいて、恥ずかしいのですが
まだ自分のレベルじゃ、100万の器ではないと判断しました・・・(^ω^;)

 

まあ、蛮勇で死ぬのも馬鹿らしいですし、ここは焦らずに行きます。
イザナミのバックテストの結果を分析する限り
100万だと最悪1日で50万近く負けるリスクがあるので
流石に資金的・精神的にキツイですね。。。(;´Д`)

 

ただ、100万でしばらくトレードを続けた経験は貴重です。
事実、今日のトレードはかなり精神的に楽でした。
リスクが半分になると、心的負荷がグッと減りますね。(*’ω’*)
少なくとも、資産1000万を超えるまでは、上限投入額は50万に抑えたいと思います。

 

それはそうと、2022年前半に東証の市場が再編されるようですね。(´・ω・`)
現在の東証1部・東証2部・JASDAQ・マザーズの4市場から
プライム・スタンダード・グロースの3市場になるようです。

 

・東証1部⇒プライム
・東証2部・JASDAQ・プライムから降格⇒スタンダード
・マザーズ・2022年以降に新規上場⇒グロース

 

上記のような感じで、市場再編が行われるそうです。
プライム市場の上場条件は、流通時価総額100億円以上で
既存の東証1部上場企業はほとんど満たしているようですね。( ゚Д゚)

 

市場再編の理由は、東証1部銘柄を厳選し、市場の特徴を明確化することで
外国人投資家の投資マネーを集めるのが目的のようです。

 

まあ、この市場再編がどう影響するのかは、俺にはよく分かりませんが
取引が活発になって、流動性が高まるのは、マーケット・インパクト・コストの点からも
大いに結構なことなので、相場が盛り上がるなら何でも良いです。(*^▽^*)

タイトルとURLをコピーしました