244 Views

2020年2月3日のデイトレード日次収支報告


 

9791 ビケンテクノ +7万7140円

5742 エヌアイシー・オートテック +7万6500円

7707 プレシジョン・システム -1万2600円

4347 ブロードメディア -15万4700円

 

合計 -1万3660円

 


 

今日は負けました。
ブロードメディアが痛かったですね・・・(´;ω;`)

 

今日から一銘柄の上限投入額を100万に引き上げたわけですが
早速やられてしまいましたね。(^ω^;)

 

まあ、枚数的に±5万くらいは、誤差の範囲内だと思いますので
この程度の損失で済んだのは、むしろ幸運かもしれないですね。

 

この金額と枚数の勝負が今後のスタンダードになりますから
負けはしたものの、貴重な経験を積めたのは、良かったと思います。
臆せず、明日以降も勇猛果敢に攻めていきたいです!(`・ω・´)

 

しかし、ブロードメディアの損失は激痛でした。。。(;’∀’)
ビケンテクノとNICに助けられましたね。感謝。
2月初っ端から激しい戦いとなりました。

 

本当は、新内外綿も仕掛け候補だったのですが、残念ながら在庫0で空売りできませんでした。
S安まで行っていたので、100株だけでも空売れていたら、プラスで終われたんですけどね。
まあ、そんなこと言ってもナンセンスなので、やめておきましょう。(´・ω・`)

 

というか、正確には在庫はあったんですよね。SBIの方に。
ただ、空売り料が楽天の3倍もしたので、躊躇して諦めてしまいました。
流石に高すぎます・・・(;´Д`)

 

ですが、結果的に、S安なわけで
高額な空売り料を払っても十分元は取れていたというのも事実です。
今後、楽天に在庫が無い場合、他の証券会社で確保するかどうか検討する必要がありますね。

 

そう言えば、今日からマネックス証券もスペシャル空売りを始めたようです。
楽天の特別空売り、SBIのハイパー空売りの後追いみたいなもので
非貸借銘柄を空売ることが出来ます。

 

まあ、見た限り、正直なところ、あまり使えなさそうですね・・・(;^ω^)
第一に対象銘柄数が少なすぎます。ただでさえ少ない、松井証券未満です。
第二に空売り料も高いです。楽天の数倍はありますね。
とりあえず、今のところ使うことは無いでしょう。せいぜい、空売り料の確認をする程度です。

 

さて、今日は新型肺炎絡みの銘柄が軒並み暴落しましたね。S安も結構ありました。
ここらで過熱した相場に冷や水をぶっかけたという感じなのでしょうが
これから世界で感染が広がった場合、また暴騰するでしょうし
緊急事態宣言によって、事態が収束するようなら、暴落していくのでしょう。(-。-)y-゜゜゜

 

まあ、今後どうなるかは分かりませんが
とりあえず、俺の監視対象からは外れました。
できれば、もう収束してほしいですけどね。外出るのに余計な心配したくないので。( ゚Д゚)

 

体調に気をつけて、明日も頑張って行きます!(`・ω・´)

タイトルとURLをコピーしました