493 Views

2020年1月24日のデイトレード日次収支報告


 

3896 阿波製紙 +1万5780円

6554 エスユーエス +1万1100円

 

合計 +2万6880円

 


 

今日は勝ちました。
まあ、仕込み数量間違えて5000円取り逃したんですけどね。。。(^ω^;)

 

今日は阿波製紙とSUSを空売りました。
700株ずつ売るつもりが、ミスって600株ずつにしてしまいました。
徹夜で脳味噌バグっていましたね、これは。(;´・ω・)

 

まあ、リスクを抑えられたので、厳密には損失ではありませんが
逃した魚は大きいというか、何か悔しいですね。(笑)

 

でも、昨日の損失は取り返せたので、良しとしましょう。
いや、取り返すという発想は悪でしたね。
取り返そうとするから感情が入り込む余地ができてしまう。それが破滅への第一歩です。

 

昨日のトレードと今日のトレードは一切無関係です。
完全に切り離して、ゼロベースで臨まなければなりません。( ゚Д゚)

 

それはさておき、中京医薬品を確保しようか迷ったのですが、止めといて良かったです。
今日も寄らずのS高だったので、獲っても無意味でしたから。

 

在庫が即無くなる人気銘柄であっても、必ずしも下がるとは限らないようですね。
逆に在庫が余っていたSUSはズルっと下げてくれたので、余り物にも福はあるようです。
在庫の有無・多寡はそれほど気にしなくて良いのかもしれません。(-。-)y-゜゜゜

 

ところで、昨日書いた売買代金フィルターの件ですが
やっぱり、1億が最適解っぽいですね。(*’ω’*)
それ以外だと、マイナス月が増えて、運用リスクが上がってしまいました。

 

1.5億で増加、2億以上で激増しました。
逆に5000万やフィルターを除外しても面白いことに増加しました。
どういうわけか、1億に何らかの優位性があるのかもしれません。

 

カーブフィッティングの可能性もありますが
20年分の検証なので、ある程度は信用できると思います。

 

残念ながら流動性のリスクは避けられませんね・・・(-_-;)
まあ、それでも1億以上はあるので、毎回トーヨーアサノみたいな
板スカスカの過疎相場にブチ当たることは多くないはずなので
必要経費として受忍する他ありません。

 

その代わり、1銘柄の上限投入額を100万ぐらいに抑えて
仕掛け銘柄数を増やすことで、1銘柄当たりのリスクを減らそうと思います。
大量に仕掛けて、どれかが引っかかるのを待つ、網漁的トレードを目指します!(`・ω・´)

 

とは言え、これもこれで問題はあるんですけどね。
まず第一に在庫確保の問題。19時になった瞬間、人気銘柄の空売り在庫は即完売してしまうので
19時に張り付くのは言わずもがな、複数デバイスで同時に仕込む必要があります。

 

俺の手指は10本しかありませんので、ワンタップで済んだとしても10銘柄が限界です。
まあ、そもそもスマホとPCの2台しかありませんけどね・・・(;^ω^)
ここら辺は、ツールを使うしか無さそうですけど、そんな都合の良いものあるのでしょうか?

 

次に、S高張り付きの対処の問題。
仕掛け銘柄数を増やせば増やすほど、S高張り付きのリスクは激増するので
逆指値が刺さらないと致命的です。確実に約定させるために、今より遠くに置く必要がありそうです。

 

また、事務的問題もあります。
現状、全て手作業なので、ミスが起こる可能性があります。
例えば、今日の発注数量ミスのように・・・(´;ω;`)

 

在庫調達・逆指値の設定・大引け前後のS高での現引きと現渡し、等々
これらを更に複数証券会社にまたがってやると、いよいよ頭が混乱してきます。
なるべく、自動化・機械化・省力化で人為的ミスを減らす環境づくりが急務です。

 

デイトレードは職人芸とよく言われますが、本当にその通りだと、実感する今日この頃です。
心技体全てを要するマインドスポーツだと思います。体はさしずめ、資金力ですかね。

 

容易には真似できない芸当だからこそ、そこに優位性があるのかもしれません。
超える壁が高ければ高いほど、それは強固な盾となります。(´・ω・`)
この厳しい相場を生き残るために、日々精進して参ります。

 

さあ、今月最後の週も頑張って行きます!(`・ω・´)

タイトルとURLをコピーしました