103 Views

2019年10月31日のデイトレ日次収支報告


 

6572 RPAホールディングス -7500円

 

合計 -7500円

 


 

今日は負けました。
連続でハズレを引き続けています・・・(´;ω;`)

 

大引けまで持っていれば、1000円戻ってきたのに
途中で損切りしてしまったので、無駄に損失が拡大するという悲劇
やはり、ザラ場中に相場見てると碌なことになりませんね。自重します。:(;゙゚”ω゚”):

 

三桜工業のS高取れたのは、ただのマグレでしたね。( ゚Д゚)
ところで、今は空売りを控えているのですが、値下がり率上位の銘柄も監視しています。
それで気づいたのは、空売りの方が勝率が高いんですよね。
おまけに、下げる時は一気に大きく下げることが多いです。

 

値上がり率上位銘柄が翌日にストップ安まで暴落することは、ままありますが
値下がり率上位銘柄がストップ高まで暴騰することは、少ない気がします。
まあ、ただの主観の思い込みかもしれないので、検証を続けてみたいです。(´・ω・`)

 

とは言え、天井三日底百日というように
上げる時はゆっくりで、下げる時は一瞬というのは相場のある種本質かもしれません。

 

買い方の狼狽売りはよく聞きますが、売り方の狼狽買いとはあまり言わないのは
そもそも、空売りをするのはプロとか上級者で、普通の投資家は買いしかしないからなのだと思います。
買い方の大多数はアマチュアだからこそ、精神的にも資金的にも
暴落時に耐えられないんでしょうね。(-。-)y-゜゜゜

 

それに、株価は上げるより下げる方が超簡単ですしね。
上げるためには必死に業績を上げる必要があるのに対して
下げるのは、何もしないか不祥事を起こして、会社を倒産させれば良いので、誰でもできます。

 

まして、日本企業は米企業と違い、経営者が投資家の利益を軽視しています。
不祥事でも無い限り、経営者は居座り続けますし、増資も簡単にやります。
対して、アメリカじゃ、何もしないのは罪で、利益を出せなきゃ即クビですからね。(;^ω^)

 

その辺の意識の差が株価にも表れている気がします。
事実、ダウは右肩上がりなのに、日経平均はバブルから30年経っても最高値を超えられませんし
オリンピックが終わったら、一気に日本経済はヤバくなるでしょうから
下手すると永遠に超えられないかもしれませんね。

 

リーマンショックから10年以上、アベノミクスも6年以上経過しましたから
そろそろ、ブラックマンデー級の大暴落が来ても、おかしくないタイミングです。

 

と、まあ、ウダウダ書いていますが
要するに、空売りを身につけないと勝てないんじゃないか?ということです。( ゚Д゚)
空売りの方が期待値が高いなら、逆に買いを封印した方が良いかもしれません。

 

デイトレなので、持ち越しリスクはありませんから、空売りでもビビり過ぎることは無いですが
唯一怖いのは、ザラ場中や昼休みに材料が出て、特別買い気配からのS高張り付きですかね。(;^ω^)

 

まあ、そこまで心配し過ぎたら、そもそもポジれないですし
万が一、担がれても追証にならないサイズのポジションだけ持つようにすれば良いでしょう。

 

とりあえず、明日から、しばらく空売りの練習をしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました