140 Views

2019年7月のデイトレ月次収支報告


 

2019年7月分のデイトレ月次収支報告です。

 

本当は日次収支報告も書きたかったのだが
今から20日分もまとめて書くのは超絶怠かったので
日次収支報告は8月からスタートすることにした。

 

なので、今月は月次収支報告のみ。
日次収支報告では売買銘柄の取引画像と一言感想でも書こうと思う。

 


 

7月1日 +4934円

7月2日 +4981円

7月3日 -2222円

7月4日 +1万6500円

7月5日 -8828円

7月8日 +1152円

7月9日 +1万295円

7月10日 +1万2862円

7月11日 -1万7127円

7月12日 +1257円

7月16日 -771円

7月17日 +1万5773円

7月18日 +2542円

7月19日 +1万5770円

7月22日 -6441円

7月23日 +1万9621円

7月24日 +5769円

7月25日 +480円

7月26日 -1万1450円

7月29日 +8400円

7月30日 -1600円

7月31日 -7450円

 

合計 +6万2477円

 


 

最終日は勝って終わりたかったが、残念ながら敗北エンド・・・
でも、トータルでは先月の負け分以上勝てたので、まあ、結果的には成功月だった。

 

確認したら、収支に2000円くらい誤差があったが
これは、どうやら100万以下の取引での金利・貸株料のようだ。

 

楽天証券のいちにち信用では
16時半の調整までは現物の手数料が差っ引かれているようだ。
そのせいで、大引け時点では、見かけ上の損失が増えている。

 

また、翌営業日の5時くらいで再度集計を行い
金利・貸株料分を徴収しているのが分かった。
(税金は決済の都度、徴収・返還をしている)

 

17時くらいは端数が無い綺麗な数値だったのに
翌日には1円単位の損益になっていたのは、それが原因のようだ。

 

それと、株主優待でのクロス取引で現渡しをしたが
これは受取日=31日まで、信用新規建て余力を低下させてしまうようだ。
そのせいで、30万円ほど余力が減って、持てるポジションも減ってしまった。

 

優待乞食でクロス取引をした際は、この事に留意しておきたい。
当日含め3営業日は資金拘束されてしまう。

 

現引・現渡した場合、信用新規建余力・リアルタイム維持率はすぐに増加しますか。 | よくあるご質問(Q&A) 松井証券
現引・現渡した場合、現金と代用株式の入れ替えはリアルタイムで計算に組み入れ、必要保証金は、受渡日まで建玉を保有しているものとして計算します。 そのため、他に取引がなければ、現金と代用株式を入

 

とにかく、プラ転できたのは良かった。
6月の負けはリセットして、8月から心機一転頑張っていきたい。

 

目標は+5万

コメント

タイトルとURLをコピーしました