198 Views

2019年8月9日のデイトレ日次収支報告


 

4385 メルカリ +2万600円

3727 アプリックス +4800円

4661 オリエンタルランド +2500円

4507 塩野義製薬 +2300円

3923 ラクス +200円

4523 エーザイ +100円

4293 セプテーニHLDGS -1200円

6095 メドピア -1200円

4588 オンコリスバイオファーマー -2000円

6758 ソニー -2300円

4568 第一三共 -5800円

9735 セコム -8800円

4565 そーせいグループ -2万9000円

 

合計 -1万9800円

 


 

今日はかなりやらかした・・・
そーせいに手を出して痛い目を見た。

 

前場の最初でセコムのロスカに合い
その後もイマイチな動きだったため、後場で全決済。

 

その時の損失を取り返すためにマザーズに移動。
ルールを破って、そーせい1000株買ってしまう。

 

しかし、こういう勝負をした時に限って、買った直後に大暴落。
買ったところが丁度天井でみるみる含み損が増えていく始末。

 

すぐ損切りすれば良かったのだが、しばらく様子見をしてしまい
いよいよ直近安値を割ったので、泣く泣く損切り。
ここが痛かった。

 

「2回目のミスが致命傷になる」と森内元名人も言っていたが
これは、まさにそのケースであった。

 

そーせい1000株買いが1回目のミスであるならば
すぐに損切りをしなかったのが2回目のミスである。
これが大損害という致命傷につながった。

 

もし、すぐに損切りをしていれば、損失は1万程度で済んだので
損益もほぼプラマイゼロまで戻せていた。

 

まあ、その後、メルカリ2000株売りというギャンブルに勝利して
損失はある程度減らせたが、リスキーすぎた・・・

しかし、マザーズ・ジャスダック市場は空売りすると
特別空売り料が発生するのが痛いな。

 

メルカリの場合、1株3.3円取られるので
2000株で6600円もマイナスである。
これは、かなりキツイ。

 

なので、マザーズ・ジャスダック市場では
買いオンリーの方が良いのかも知れない。
特別空売り料も取られて、担がれたのでは笑えん。

 

分散投資の件。
こないだ相関係数が0の無相関の銘柄のみに分散投資すべきと書いたが
ザラ場中にチェックするのが面倒くさいな。

 

実際、後で確認したら、相関がかなり高い銘柄を複数ポジっていた。
思うに、無相関銘柄だけを分散投資をするとなると
3銘柄あるいは4銘柄ぐらいが限界なんじゃないだろうか?

 

2銘柄の組み合わせは1通り、3銘柄の組み合わせは3通り、4銘柄では6通り
5銘柄にいたっては10通りである。

 

5銘柄以上で全てを無相関で構成するのは、恐らく不可能であろう。
弱い相関を含めても、5銘柄が限界だと思う。

 

ここら辺は、まだまだ検証の余地があるので
引き続き、調べていきたい。

 


 

世間では、明日から夏休みのようだ。
まあ、サラリーマンを辞めた俺には関係の無い話だが。

 

この生活を続けられるかどうかは
まさに、デイトレードにかかっている。
更なる高みを目指して、邁進していきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました