120 Views

2020年7月のデイトレード月次収支報告

 

 


 

7月1日 ノートレード

7月2日 ノートレード

7月3日 ノートレード

7月6日 +1170円

7月7日 +1万870円

7月8日 -6980円

7月9日 +2960円

7月10日 +1860円

7月13日 +780円

7月14日 +8910円

7月15日 ノートレード

7月16日 +1770円

7月17日 ノートレード

7月20日 -6600円

7月21日 +1350円

7月22日 +6420円

7月27日 +957円

7月28日 +2045円

7月29日 +758円

7月30日 +1656円

7月31日 +9457円

 

合計 +3万7324円

 


 

7月は勝ちました。
諸事情により、更新が遅れました・・・(^ω^;)

 

先月末ぐらいから、パソコンが使えない環境下にあったので
しばらく、更新ができませんでした。ただ、トレード自体は、普通に行っていたので
明日から、また再び、トレード記録をつけていきたいと思います。(-_-)

 

さて、7月のトレードですが
14勝2敗5休、総利益約5.1万、総損失約1.4万と、かなり高勝率で好調でした。
テスト運用にするには、非常にもったいない月でしたね。。。(´;ω;`)

 

6月と同程度のリスクを取ってトレードしていたら
イザナミの検証でも、軽く50万以上の利益になっていたので
6月のマイナス30万は普通に取り返せていました・・・

 

まあ、所詮、結果論ですけどね。。。(;´・ω・)
しかし、手法が上手く機能してくれれば
こういう美味しい月もあるというのが実践で分かったのは収穫でした。

 

今回は、1トレードの許容リスクを3万に設定しましたが
月次収支も大体この数値のプラスとマイナスの範囲に収まるのかもしれません。

 

つまり、今回なら、-3万~+3万が
月次収支になる可能性の高い数字だったということです。(-。-)y-゜゜゜

 

7月からリスクの計算方法を変えました。
従来は、終値からS高までの片道分の値幅を最大損失としていましたが
今後は、S安からS高までのフル値幅を最大損失として計算します。

 

そのため、6月は実質的に30万のリスクを取っていたことになり
損失もその範囲内に収まっていたことになります。( ゚Д゚)

 

日次収支は、上が+1万870、下が-6980と、±3万の範囲内です。
とは言え、これは当然のことですね。
S安からS高までの全ての値幅を取ろうが、喰らおうが、絶対値の上限は3万ですから。(*’ω’*)

 

月次収支がプラス側に範疇を超えて、突き抜けてくれる分には、一向に構いませんが
マイナス側がこの下範囲内に上手く収まってくれれば、リスク管理が非常に楽になります。
今後、要注目です。(´・ω・`)

 

さて、8月3日から、東証の値幅制限の基準も大きく変更されました。
従来は、3営業日連続で寄らずのS高(S安)で、4営業日目の制限値幅が2倍になりましたが
今後は、2営業日連続の寄らずのS高(S安)で、3営業日目の制限値幅が何と4倍になりました!

 

これは、個人的にかなり衝撃的というか、ビッグインパクトなわけであります。((((;゚Д゚))))
うっかり、空売りで持ち越してしまうと、一撃で死にかねないですからね・・・

 

値幅は大きくなりますが、それに応じて、ポジションサイジングをするので
どれだけ値幅があろうと、リスクとリターンの最大値は変わりません。

 

今回の変更の最大のメリットは、値幅が広い分、S高になりにくいので
ストップ狩りに遭いにくいということですね。(*´ω`*)
担がれないように注意をすれば、トータルではプラス面の方が大きいと思っています。

 

さてさて、8月は、最大許容損失を10万に引き上げます。
さらに、仕掛け対象銘柄の株価も、7月の1000円未満から3000円未満に拡大します。
今月の月次収支は、恐らく、-10万~+10万の範囲に収まると予測されます。(-。-)y-゜゜゜

 

まあ、良い意味で予想を裏切ってくれることを期待します。
それでは、今月も頑張って、トレードして行きます!(`・ω・´)

タイトルとURLをコピーしました