戯言三角コーナー

Twitterに書くのも憚られる戯言を書き散らすコーナーだよ。(´・ω・`)
三角コーナー的思考のゴミ箱です。

 

・聖杯など存在しないという事実こそが聖杯である。(2019/11/10)

・勝つためには負ける必要がある。負けるリスクを負わずして、勝利は決して掴めない。(2019/11/10)

・相場は恐怖と欲望を増幅させる装置である。そこで己の心の弱さと対峙することになる。自分を律する訓練をしてこなかった人間ほど相場で勝つのは難しい。(2019/11/10)

・真に重要なのは手法ではなく手法を見つける能力である。手法はいずれ使えなくなる日が来るが、能力は死ぬまで使える。(2019/11/10)

・VWAPは機関投資家の目標値でもあり、個人投資家にも意識されているテクニカル指標なため、下値支持線・上値抵抗線としても機能しやすい。もしかすると、移動平均線より優位性があるかもしれない。(2019/11/2)

・VWAPの計算式は1日の売買代金÷1日の出来高である。当日の約定平均価格を意味し、株価>VWAPなら、買い方が儲かっている強気相場、株価<VWAPなら、買い方が負けている弱気相場ということになる。証券会社は大量注文をする機関投資家のために、VWAPギャランティ取引という商品を提供している。VWAPに手数料を上乗せした株価で大量に仕入れられるので、マーケット・インパクト・コストが小さく済み、高値掴み・安値掴みにならないのがメリットである。買いの場合、証券会社はVWAPより安値で買い、VWAPで機関投資家に売ることで利益を得る。買値よりVWAPが高ければ、高いほど利益が増えるので、高値圏で大量に両建てをすることでVWAPを吊り上げるのだ。売りの場合は逆となる。(2019/11/2)

・VWAP(出来高加重平均価格)について学んだ。ATRと同じくらいの衝撃というか今まで知らなかったのが恥ずかしくなった。やはり、日々勉強が大切だと痛感させられた。(2019/11/2)

・利益はロットを増やせば、いくらでも増やせる。真に重要なのは勝てる手法を確立することである。手法が確立していないのに大金を賭けるのは、ただのギャンブルだ。(2019/11/1)

・焦るな、焦ると死ぬ。相場という山にはチャンスが毎日転がっている。だが、安易に手を出すと落ちて死ぬ。万全の装備を以て掴むべし。(2019/11/1)

・投資には2種類ある。資産を殖やす攻めの投資と資産を減らさない守りの投資だ。集中投資は前者で分散投資は後者である。集中投資は資産が減るリスクを負う代わりに資産を短期間で大きく増やすことが可能になる、貧者のための投資である。一方、分散投資は資産が爆発的に増えることはないが、大きく減ることもない、富者のための投資である。資産が少ない内は短期集中投資で増やし、資産が増えたら、長期分散投資で資産を守るのが投資の基本と言えそうである。(2019/11/1)

・バフェットは妻への遺言で「資産の90%はS&P500指数。残り10%は政府短期国債に投資せよ」と伝えたそうだ。分散投資に批判的なバフェットでも、インデックス投資の有効性は認めたわけである。プロでもインデックス投資に勝つのは至難であると言われており、S&P500をベンチマークとしたETFの長期保有は非常に堅実な投資なのだろう。とは言え、数十年レベルで保有する必要があるし、資産が何十倍にもなることはあり得ないので、保有期間の長さとリターンの低さがデメリットか。それに、数千万単位の資産を殖やすには良いかもしれないが、数百万程度では利益も多寡が知れている。残念ながら、金も余命も少ない俺には縁の無さそうな商品である。まあ、毎月、給料から積み立てられる普通のサラリーマンには良いんじゃないだろうか。老後2000万ぐらいは貯まるだろう。(2019/10/25)

・今日も米国株投資の本を立ち読み。日本経済がオリンピック以後に暗いのを再認識。オリンピック特需の消失、消費税増税、人口減少による労働力低下、労働生産性の低さを考えれば、まあ当然か。日本株も将来性は無いだろう。アメリカ経済と世界経済が連動しているとしたら、アメリカがダメになれば、日本も中国もダメになる。なら、どうせ投資するなら、米国株の方が良い。アメリカは移民受け入れで人口は今後も増える見通しで成長性もある。配当金生活を目指すとしても、米国株の方が配当が年4回あり、何年も連続増配をしている企業も多いので、日本株よりも魅力的である。(2019/10/25)

・結局のところ、トレイリング注文を出している内は、指値注文を出せない。引成注文を出したい時も、引け間際にトレイリング注文をキャンセルする必要がある。二度手間ではあるが仕方ない。まあ、リンク注文を使えば、エントリーとトレーリングストップは同時に出せるわけで、十分作業の効率化ができるので良しとしよう。15時前に再発注するだけである。(2019/10/25)

・リンク注文で寄り買いの反対注文をトレイリング注文に設定したところ問題無く発動した。リンク注文によるトレイリング注文だと、逆指値に引っかかるまで、リンク(監視中)となる。実験していて気づいたのは、リンク(監視中)だと指値注文が出せるのだ。しかし、指値注文を出した状態で逆指値に引っかかっても、リンク(出来ず)となり約定はしなかった。注文失効理由は、アルゴ失効エラー(発注数量が執行可能数量を超えています。)であった。つまり、指値注文を出すと、そちらが優先され、トレイリング注文が無効になってしまう。これでは損切りがされないので、要注意である。(2019/10/25)

・楽天証券のアルゴ注文は便利だが、トレイリング注文と指値注文を同時に出せないのは改善してほしいところだ。そうすれば、トレーリングストップ+指値注文(大引不成)で、損切りラインを設定しつつ、いちにち信用ポジションの当日中の決済を自動化できる。技術的な問題なのだろうか?もし改善されれば、リンク注文を併用することで、エントリーからイグジットまで一括発注ができるので非常に助かる。(2019/10/25)

・日足チャートを見てて思ったこと。陽線の時はほぼ寄り底で、陰線ならほぼ寄り天のことが多い気がする。ということは、損切り幅は意外と狭くても問題無い=期待値を向上させる余地があるのでは無かろうか?1ATRトレールでも普通に大丈夫なように思われる。(2019/10/24)

・老後2000万円問題って長生きするのやめれば解決するよね。俺なら100歳とか死んでも生きたくないわ。長生きするために労働や金策で苦労するなんて、カルピスの原液を水で限りなく薄めるくらい本末転倒だと思う。それただの水じゃん。短くても濃い人生の方が面白みがあるんじゃないかね。(2019/10/24)

・本屋で米国株投資の本を読んだ。VTIなどのETFを絶賛していたがどうなのだろうか?積立NISAを使えば、最大、投資額800万にかかる利益が非課税になるようだ。長期投資も今度調べてみたいと思う。まあ、余命5年の俺に意味があるのか甚だ疑問だが、配当金で完全リタイアは夢があるよね。(2019/10/24)

・アマプラの孤独のグルメが相場の暇な時間を潰すのに丁度良い感じだ。(2019/10/24)

・期待値がプラスの手法なんて幻想だ。相場の状況が変われば通用しなくなるかもしれない。そんなものは、信じれば存在するし、疑えば存在しない、神のように不確かなものである。だが、勝っているトレーダーは皆その幻想を信じている。でなければ、大金を投じることはできない。(2019/10/24)

・100万失った日も飯は食えるし爆睡できたので、存外自分の神経は図太いのかもしれない。(2019/10/17)

コメント

タイトルとURLをコピーしました